「とにかく留学すれば話せるようになる」は間違い!語学力をつけてから留学した方がいい理由

大学院留学

みなさんこんにちは。アメリカの語学学校に1年、修士過程2年を修了したさんごです。

「留学したら英語が話せるようになる」と思っている方は多いですが、私は留学前に英語力をつけていった方がいいと思っています。

この記事では、どうしてそう思うのか実体験を交えながらご説明し、次にご学力をつけてから留学することのメリットをお伝えします。

「留学すれば話せるようになる」は間違い

私はアメリカに3年間留学していたことがあります。という話をすると、

あ、じゃあ英語ペラペラなんだね!

とよく言われますが、

う〜ん、私はまあまあ話せる方だと思うけど、留学していたからイコール英語ペラペラではないけどな・・・。

と密かに思っています。

また、留学する人がいることによって儲ける会社が

とりあえず留学しましょう!

と畳みかけてくるかもしれません。

ですが、残念ながら「留学=自然話せるようになる」とは限りません。

なぜなら、第二言語を学ぶことと、母国語の習得は根本的に異なっているからです。

なので、母国語の習得の時のように、「普通に生きていたら話せるようになってた」なんてことはありえません。

第二言語に関しては、意識して勉強することが必要です!

高校3年間留学しても英語が話せなかった

私はこの「留学すれば話せるようになる」が事実ではないということを昔付き合っていた人から聞いたことがありました。

その彼は中学卒業後日本の高校に通うのではなく、海外の高校に留学しました。

彼自身は英語が話せたのですが、彼の友達は留学先でも必要最低限しか英語を使わず、選択授業も日本語を選んだりしていたようです。(笑)

それは絶対にテストで100点じゃないとだめですね!

その結果、3年間の留学を経ても帰国時も英語はほとんど話せず、携帯電話の解約も自分でできなかったそうです。

高校3年間って吸収も早く結構長い期間だと思うのですが、話せるようにならないってちょっとびっくりですよね。

注意

もしかしたら親御さんに無理やり留学させられたかもしれないですし、留学したら英語ができるようにならないといけないと言っているわけではなく、彼のお友達を責める意図はありません。

ただ、留学したからと言って話せるようになるわけではない、ということをお伝えしたいです。

このお話を聞いていたので、私は

留学しても英語が話せるようになるわけではないってことか。逆にいうと留学しないと英語が話せるようになれない、というわけじゃないから、日本でスピーキングにも力を入れて勉強していこう!

と考え、留学前に日本で猛勉強しました。

また、アメリカに留学してからも、なるべく日本人とは会話をしないようにしていました。

まあ、ばりばりの日本人同士が不慣れな英語で話すのもなんだか変な感じではあるんですが、当時意識の高かった私は日本語で話しかけてくれた日本人に英語で返していました。(笑)

ちょっとやばい奴ですね!

留学先で出会った人々

実際に私がアメリカに留学したときも、色々な方と出会いました。

  • 語学学校に数年通っているけど、学校の授業と日本人と遊ぶ以外はずっと家にこもりドラマばかり見てほとんど英語が話せない人
  • 日本でとある資格をもっており、同一内容をアメリカでも学ぶべく大学に入学したものの、英語が分からず途中で諦めて帰国してしまった人
  • 20年程アメリカに住んでいるけど、カタカナ英語しか話せない人
  • 中国系アメリカ人で、両親が中国人。本人はアメリカ生まれだけど、かなり中国語訛りが強い人

また一点補足させてください。

注意

例に挙げた方達を批判する意図はありません。アメリカに留学した、または住んだからと言って、自然に話せるようになるわけではなく、勉強・訓練が必要ということをお伝えしたいです。

20年も住んでいたら、もう英語は完璧に話せる!と思いませんか?でも、そんなことないんです。

ちなみに私は日本語教師の資格も持っていて、ボランティアや日本語学校で教えていた経験があります。ボランティアで教えていた時に、日本人と結婚し、もう長い間日本に住んでいる方の担当になったことがありました。

その方は、ひらがなも書けず、ひたすらにローマ字で読み書きされており、あまり話すこともできませんでした。配偶者がネイティブでも、長い間住んでいても、イコール言葉が話せるわけではありません。

「外国に住んでいる=その言語が話せる」ではないです。本人は多くの方から同じことを言われ、「いや、できないんだ・・・」とコンプレックスに苦しんでいる可能性があるので、決めつけちゃうことは避けてあげてください。。

語学力をつけてから留学することのメリット

現地に行けば話せるようになるわけではない、ということをお伝えしました。

それでも、

いや〜やっぱり現地に行って必要となるまでなかなか勉強できないんだよね〜

そうは言っても仕事が忙しくてごにょごにょごにょ・・・

という方もいらっしゃると思います。

そんな方に、勉強のモチベが上がるよう、留学前にある程度話せるようになっておくことのメリットをお伝えします。

メリットは下記の通りです。

  1. 留学後の語学習得スピードが上がる
  2. 友達を作りやすい
  3. トラブルに対応できる
  4. 機会損失を防げる

留学後の語学習得のスピードが上がる

例えば留学して語学学校に通うとします。

日本人が教えると間違ってることもあるかもしれないから、ネイティブから習うのが1番いいよね!

と思うかもしれません。

ですが、現地で学ぶということは、その先生は日本語がわからないと言うことです。

これはある意味、英和辞書がなくて英英辞書だけで勉強するということと同じことなんです。

ある程度英語が分かっていれば英英辞書で勉強できますが、ほとんど英語がわからない人が英和辞書使えないとすると結構ハードル高いですよね。

これは

とりあえず行ってみた!!

で挫折する方がいらっしゃる理由の内の1つです。(全員ではないですが)

留学前に英語を勉強しておくと、下記のようなメリットがあります。

留学前に英語を勉強するメリット
・日本人から英語を学べば日本語でサポートしてもらえる
・日本にいるネイティブの先生であればもしかしたら少し日本語がわかるかもしれない
・少なくとも日本人がつまづきやすいポイントをわかっている可能性が高い

ですが、アメリカにいる英語の先生は全世界からの生徒に教えていますので、日本語や日本人のつまづきポイントなんて知らないことがほとんどです。

なので、例え語学学校へ通うのだとしても、ある程度「英英辞書で勉強できるようになってから」留学することをおすすめします。

留学の目的が語学の習得でなく学位の取得である場合はなおさらです!

友達を作りやすい

私は小さい頃から英語を勉強していたので、その過程でオンラインオフライン問わずたくさんの外国人の友達がいました。

なので、留学してからも友達作りなんて別に困ることはないと思っていました。

ですが、実際にアメリカに留学して、現地の友達を作ることは難しいとうことに気づきました。それは、大半の人が日本に興味がないからです。

今まで自分が仲良くなった外国人は思い起こせば日本が好きな人が集まるサイトや、日本に住んでいる外国人、日本が好きで留学しにきている外国人でした。だからこそ、私の拙い英語にも付き合ってくれていたんだと思います。

ですが、現地の学校に通っている人からすると私はアジアからの留学生の一人というだけで、特に興味も無い。共通の話題なんて何も無いし、彼女は英語が話せるかわからない。

そんな人とわざわざ友達になろうとは思わないですよね。。

フランスに留学していたときは

日本って中国の一部だっけ?

と聞かれたことも。

同じような経験をしている人が・・・。

ですが、留学中に友達を作ることは楽しい学校生活を送るためにも必要不可欠です。

Results indicated a significant positive relation between quality of new friendships and adjustment to university (Adams et al., 2007, p.1);

https://www.researchgate.net/profile/Vanessa_Buote/publication/240277005_The_Importance_of_FriendsFriendship_and_Adjustment_Among_1st-Year_University_Students/links/564b407408aeab8ed5e73528.pdf

「大学に入ってからの新しい友人関係の質と大学に馴染めるかの度合いが大きく関係していることが研究結果から分かった。」という文献もあります。

言葉ができれば、友達ができる可能性がグッと上がります。プラスで、自分が行く国で流行っていることなどを調べられたら尚いいですね。

トラブルに対応できる

留学中、何もなければいいのですが、トラブルが発生することもあります。

  • 道に迷った
  • 切符を無くして改札を出られない
  • 税関で止められた
  • 不公平・理不尽な対応をされて文句を言いたい

などなど・・・。

言葉が話せないとトラブル内容を伝えたり、何かあちらから言われているんだけどなんて言っているのかわからないということが起こります。

また、理不尽な対応をされたときに泣き寝入りするのは悔しくないですか?

日本では店員さんの対応がいいことが多いです。でも海外だと店員さんが適当だったり、差別をしていたりで、できることも「できない」と言うことがあります。

そういった時のためにもある程度は話せるようになってから留学した方がいいです。

ちなみに私は運転中に交差点で横から突っ込まれ、車が廃車になったことがあります。最終的に弁護士を雇うことになったのですが、英語ができなかったらやりとりはできなかっただろうなと思います自分を守るためにも、できるだけ留学前に勉強するようにしましょう!

機会損失を防げる

上記でトラブル対応の話をしましたが、自分を守ることだけでなく新たな体験をできるかどうかも言葉ができるかどうかで変わってきます。

  • 大学の図書館の掲示板に様々な募集がされている
  • お店でなにやらアナウンスが流れている
  • テレビやラジオで何かのキャンペーンのCMが流れている

色々な楽しい情報が流れていて、日本では体験できないことも多々あると思います。

こんなお得情報も!

アメリカの空港でもアナウンスに耳を澄ませておいてください。運が良ければ、1万円近くもらえるチャンスが!

なぜかというと、航空会社がたまにフライトの席をオーバーブックしてしまうことがあるんです。そんなとき、「予定より遅いフライトに変更していいよというお客様はいらっしゃいませんか?」というアナウンスを流します。

変更を志願(ボランティア)すると、たいがいお金をくれます!

飛行機の時間が変更になってもいい方にはちょっとしたお小遣い稼ぎになります。

せっかく良い話があったとしても、言葉がわからないと気づけない、知りようがないですよね。

見逃したとしても困りはしないのですが、できる限り良い情報・機会は掴んだ方がいいと思います。

高校の時に地元の名士みたいなおじさんが来て講話をしてくれたことがあり、

チャンスを掴めるのは普段備えている人。チャンスは常に転がっているわけではなく、いつくるかもわからない。

でも、そのいつくるかわからない時に備えて、チャンスを掴めるよう普段からスキルを磨いたりしていないといけない。チャンスが来た時に付け焼き刃で頑張ったって、普段から備えている人には勝てない。

というようなことをおっしゃっていました。

この話を聞いて、「確かに、英語は1日で話せるようになるわけじゃない。英語に関するチャンスが来た時に私英語話せます!と言えるように普段から英語の勉強を頑張ろう!」と思うことができました。

おじさんありがとうございます!

何が言いたいかと、よりよい機会を掴むためにも、言葉はできた方がいいと思うのです。

そしてその機会を損失しないためには、普段から英語力を磨いておく必要があということをお伝えしたいです。

以上、留学前にある程度話せるようになっておくことのメリットをご紹介しました。

さいごに

この記事では、留学したら自動的に現地の言葉が話せるようになるというのは間違った認識であることと、留学前に話せるようになっておくことのメリットをお伝えしました。

どうしたら英語が話せるようになるんだろう??という方は、こちらの記事もご覧になってみてください。

海外ドラマや映画を観ながら英語を勉強する方法

以上、お役に立てれば幸いです。より良い留学生活を送るために勉強を頑張っていきましょう!

にほんブログ村 英語ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました