【もっと早く知りたかった】卒業後にOPTでアメリカで働くにはコネか経験が大事

大学院留学

みなさんはOPT(Optional Practical Training)という制度を聞いたことがありますか?

OPTとは簡単に言うとアメリカで留学しているときまたは卒業したあと、期間限定で就労できるという制度です。

日本の会社から派遣される駐在や特別な技術を持っていない限り、アメリカで就労ビザを取ることはかなり難しいので、大学や大学院を卒業しただけで期間限定とはいえ合法に働けるって魅力的ですよね。

でも、(特に文系の人にとっては)そう簡単にはいかないのが現実です。

この記事では、そんなOPTについて概要のご説明と、私の経験を交えながらどうすればOPTで働ける確度を上げられるのかのご紹介をします。

本題に入る前に簡単に自己紹介させてください。

この記事を書いた人

アメリカの大学院でコミュニケーション学(文系)を専攻し、修士課程を修了。
アメリカに永住する!と意気込み、自分の部屋を猫にあげてきたものの大学院卒業後紆余曲折あり出戻り。

詳しいプロフィールはこちらから!

この記事で一番お伝えしたいことは、

OPT自体はお金さえ払えば誰でも取得できますが、実際に仕事を見つけるにはコネまたは経験(もしくはその両方)がないと厳しい

ということです。

それでもアメリカで働きたい!という方に向けて、どうすれば可能性を広げられるかもご紹介しますので、最後まで読んでみてください。

それでは詳細を説明していきます。

OPTとは

まず、OPTとは何か知らない方もいるかもしれないので簡単にご説明します。アメリカ政府のウェブサイトによると、

Optional Practical Training (OPT) is temporary employment that is directly related to an F-1 student’s major area of study. Eligible students can apply to receive up to 12 months of OPT employment authorization before completing their academic studies (pre-completion) and/or after completing their academic studies (post-completion). 

https://www.uscis.gov/working-in-the-united-states/students-and-exchange-visitors/optional-practical-training-opt-for-f-1-students#:~:text=Eligible%20students%20can%20apply%20to,period%20of%20post%2Dcompletion%20OPT.

「OPTとは、F-1ビザで留学している学生の専攻分野に直接関連のある仕事に期間限定で就労できること。(F-1ビザに)該当する学生は、学位取得するまでもしくは学位取得後最大12ヶ月間のOPT就労に応募することができる。」

要は、自分の専攻に関連する分野の職業であれば1年間だけ合法的に働けるよ!ということですね。

補足

※1もし卒業前からOPTを開始したければ、OPT開始までに1年間はフルタイムで学校に通っている必要があります。また、OPTが認められるプログラムとそうでないプログラム(イメージとしては大学はOK、語学学校はNG)がありますので、事前にご自分の留学されるプログラムはOPT取得可能かどうかを確認することをオススメします。

※2science, technology, engineering and math(STEM)を専攻している方は24ヶ月までOPTが認められるようです。こちらもご自身が該当するかは政府のサイトでご確認ください。

移民への寛容さはその時の与党にもよりますが、基本的にアメリカは移民が増えすぎてしまったために、今では外国人が就労ビザをとることはとても難しくなっています。

大きな声では言えませんが、アメリカにいたいがためにずっと語学学校に通い続けて違法に就労している人もいるぐらいです。

ですので、この制度はアメリカに残って働きたい方には大きなチャンス!なのですが、そう簡単にはいきません。

OPT自体はお金を払えば誰でも取得できる

「そう簡単にはいかない」と書きましたが、実はOPT自体は簡単に取得することができます。

私が通っていた大学院にはInternational Student Centerという留学生のみが必要な手続きなどの世話をしてくれる窓口があり、そこが説明会を開催していました。

Employment Opportunities After Graduation and OPT

Thursday, Feb. 4 at 1:30 pm in the ISC Lounge

TOMORROW the ISC will host prominent immigration attorney ******** at 1:30 pm in the ISC Lounge.  Mr. ******’s annual presentation focuses on employment options after OPT including H-1B work visas and permanent residence. As the ISC normally does not advise on these types of visas, we highly recommend that you attend this to find out more information.

F-1 Employment Authorization Workshop

THIS FRIDAY February 5, 2016 at 2:00pm

Come learn about the Optional Practical Training (OPT) process, when you should apply, how to apply, and what is needed to apply. We will also be presenting on Curricular Practical Training (CPT), the 17 Month STEM Employment Extension, and how to begin looking and applying for Internships.

実際International Student Cneterから送られてきたメール。固有名詞は伏せています。

こんな感じで、留学生全員にメールが送られてくるので、見逃さないようにしましょう。

私はこの説明会に出席した後、手続きと確か300ドル程度を支払いOPTの権利を取得。

簡単ですね!

YAAAASSSSSS!!

でも、これで安心したのも束の間、仕事探しに苦労します。

仕事を探すのが大変

アメリカでは、OPTに関係無くそもそも就活の文化が違うので、仕事を見つけるのに苦労をしました。

以下では、どの点が特に難しいと感じたかをご紹介します。

説明会などが無い

アメリカの就活って日本と全く違っていて、秋から一斉に就職情報解禁、活動開始!からの就職合同説明会!なんて無いんです。

日本だと就活で病む・・・という人も多いですし、私も帰国して少し就活しただけで割と心が折れそうだったのでその気持ちはわかります。

でも、そうやって全てお膳立てされているというのもありがたいっちゃありがたいんですよね。

友達同士とかでの情報交換もできます。

アメリカでは決まった就活の時期がないので、卒業後半年ぐらい旅行したり遊んだりしながら自分の好きなタイミングで就職するという人も多かったです。

なので、みんながバラバラに就活するのであまり横の連携はありません。

経験が必要

就活の説明会はないものの、一応大学に求人情報をくれるキャリア相談室のようなところはありました。

アドバイザーの人に、リサーチ会社がいいですとお伝えし紹介してもらった求人情報を見ると

・無給のインターン

・「3年以上の経験」が必要

・「9年以上この分野での就業経験があり、プロマネの経験」があること

さっきとは打って変わって現実を思い知る

というどれも私に当てはまらないものばかりでした。

アメリカは交渉の国なので、そうやって記載があっても、大学院2年間を社会人経験とみなしてくれたり、熱意やそれなりの能力があれば応募条件が満たされてなくても受かることもあるよ、とアメリカ人の友達は励ましてくれました。

珊瑚
珊瑚

にしても、心が折れる・・・。

大変ですが、ダメ元で要件に満たなくても応募するのもありです。

日本の就活も100社エントリーした!と言う方もいますよね。

数をある程度打つのも大事だと思いますす。

ちなみに、これは文系の私の話なので、理系の方や、もう少し実務的な専攻の方は話が違うと思います。特に理系の人は教授のアシスタントで実務的なすることも多いみたいなので、そう言った方は、大学院の間も経験としてみてもらえる可能性が高いです。

ネットで見つける「OPTで就職しました!」という人は理系の人ばかりで、文系の人はいまのところ見たことがありません・・・。

ポイント

理系の方が望みあり!!

給料の交渉も自分でしないといけない

日本だと、新卒の給料って、その会社に受かりさえすれば、その業界のインターンをしたことがあろうがなかろうが、卒業した大学のランクがいわゆるFラン大学だろうが一流大学だろうが、

初任給は全員一緒

ですよね。

でも、アメリカは給料が書かれていない、もしくは400万〜600万などのようにざっくりしか書いてないことが多いです。

それは、その人の今までの経験によって上下するからです。

そういった意味で言うと、アメリカ文系大学院に留学するときの専攻の決め方と注意点という記事に書いた、文系で修士まで行ってしまうと日本では就職しづらいというのはアメリカではあまり当てはまらないということになりますね。

企業側が、院卒というだけで学部卒よりも高い給料を払わないといけないというわけではないので。

まあ、せっかく院卒なのに学部卒と全く同じ給料っていうのもちょっと辛いですが・・・。

みなさんはアメリカのドラマとかで、登場人物が、

僕を雇ったら絶対後悔させませんよ。

とか言ってるのをよく見かけると思います。

日本人からすると敬遠されるタイプかもしれませんが、アメリカは自分からアピールしにいく文化なので、よく見る光景なんです。

珊瑚
珊瑚

ただ、実力主義の国なので、明らかに実力が伴っていなければ冷ややかな目で見られたり、クビを切られたりしますが・・・。

私はと言うと、自分が経験があることに対してはそういったアピールはできますが、仕事という未知のものに関してはそういったアピールをしたくないなあ・・・と思ってしまっていました。

それに加えて、

珊瑚
珊瑚

自分が応募できそうなものは無給のインターンぐらいなのに、給料をくださいと交渉しないといけないなんて!

と、尻込みしてしまい、余計に就活のモチベーションが下がってしまいました。

OPT就労者は労働法で守られない可能性がある

これに関しては日米の違いでは無いですが、アメリカでの就活が難しいと感じた理由の一つです。

実際の法律がどうなってるかは把握してないのですが、実情では、OPTで就労している外国人は労働法でも守られておらず、劣悪な環境で働かされるケースもあると聞きました。

冒頭に述べたように、アメリカで外国人が就労することは難しいので、足元を見られてしまっているところもあると思います。

コンプラがしっかりしている会社に入れたらちゃんとした扱いをしてもらえるはずですが、そんな会社にコネなし経験なしで働くのはハードルが高いです。

こういった情報は、外国人として既に生きづらさを感じていたのでさらに私を不安にさせました。

そもそも、無給のインターンシップを1年するって、親からの援助や、同棲させてくれるパートナーがいないと難しいですよね。

仕事を見つけても安心できない

ここまでは、仕事を見つけることがいかに大変かをお伝えしましたが、もし運良く生活費を気にせず無給インターンシップ職につけたり、有給の仕事につけたとしても、安心はできません。

理由は2つあります。

OPT終了後アメリカに残れる可能性は低い

仕事を見つけたからといって安心できない理由その1は、OPTは1年限定で、その後は何も保証されていないからです。

OPT終了後はどうなるのかというと、アメリカで働き続けるには、企業から就労ビザ(H-1Bビザ)のスポンサーになってもらう必要があります。

これまた手続きが複雑なようで、場合によっては弁護士を雇い、時間とお金がかかるとのこと。

結果、なかなかスポンサーになってくれる企業も少なく、1年間働いた後帰国することもよくあるようです。

最初からスポンサーする気がなくて、言い方は悪いですが労働法にも守られていない外国人留学生を「使い捨て」する企業も多いと聞きました。

もちろんあなたが高い技術力や知識を持っていれば、その後もスポンサーしてもらえる可能性はあります。

ただ、狭き門ということは認識しておいてください。

OPT終了後は新卒扱いにならない可能性がある

もう1つの安心できない理由は、1年アメリカで働いたもののH-1Bビザが取れず、日本に帰国・就職しないといけなくなった場合、新卒扱いにならない可能性が高いからです。

OPT取得に迷いがでてきたとき、ある会社に勤めている友達にOPT後は新卒扱いになるのか総務の方に聞いてもらいました。

結果、OPTは就労経験にあたるので、日本では新卒扱いにならないという回答でした。

ちなみにその企業はプライム市場上場の日系企業です。

珊瑚
珊瑚

他の企業については違うかもしれないので、友達で就職している子に聞いてもらうと参考になるかもしれません。

OPTを諦めた後に分かったアメリカで仕事を見つける方法

OPTで就職することは容易では無いこと、学部・修士の奨学金の返済もあり将来のお金に不安があったことから、OPTを諦めて私自身は日本で就職をしました。

でも、私と同じプログラムに通っていた子でOPTを利用して就職できた人が3人いました。

なので、その子たちの成功体験を交えながら、どうやったらアメリカで職が見つかるかをご紹介します。

ただ、ご紹介する前に大前提として、早くから備える、これが大事だと思います。

私は卒業間近になってキャリアパスを変えてしまったので思うように就活に時間が取れませんでした。

アメリカで就職したい!という方はもちろん、

就職するか進学するかまだ決めてないや・・・

と言う方も、少しでも早く備えてください!!これが一番です。

では、お待たせしました。アメリカで仕事を見つける方法、ご紹介します。

コネが一番!

やっぱりこれにつきます。特に理系よりも就職が難しい文系の人にとってはコネが最強です。

先ほどお伝えした3人のうち、二人は私と同じコミュニケーション、一人はMBA卒でしたが、みんなコネでした。

コニュニケーション勢は、一人はヨーロッパ系で英語がほぼネイティブのような子だったのですが、ウェブライターになり、今もアメリカで働いています。

もう一人は中国人で、翻訳をしていました。ちなみに時給$20だったとのこと。

彼の場合は一年間のOPTを終えて、博士課程に進み、今年ドクターになりました。

珊瑚
珊瑚

どちらもお父さんの紹介とのことです。

もう一人は、マラウィというアフリカの国の男の子でした。

彼曰く、知り合いづてで車関係の仕事に就いたとのこと。

今もアメリカで働き、最近めでたく結婚していました。

コネであれば、先ほど書いたOPTで就労するときの難点である給与面と待遇についての問題も解決したと言っても過言では無いですね!

卒業後スポンサーしてもらえる可能性も高くなります。

ただ、就職先を紹介してくれそうなパパがいなくても諦めないで。

  • あなたが通っている大学の卒業生と交流するようなイベントはないか
  • 自分のアメリカ人の友達の親兄弟に仕事をしている人がいないか?
  • その地域に日本人コミュニティはないか?

絶対1つはありますよね???(圧力)

今のうちから人脈を作っておいてください。そうすると、何かにつながるかもしれません。

ただし、変な人には気をつけてくださいね。

就労経験があること

大学卒業後にアメリカの大学院に留学するか迷った時に大事にするべき2つのことという記事でもご紹介しましたが、私は大学卒業後すぐに留学しました。

そんな人にとってはなかなか当てはまりませんが、就労経験はかなりのプラスに働きます。

先ほどキャリア相談室に行った時に紹介された仕事は有給のものはすべて「◯年以上の実務経験があること」と書いてあったとお伝えしました。

逆に言えば、もし就労経験があればまだ望みはあるし、なんなら給料や待遇の交渉の余地もあるということですよね。

この記事を書く時にOPTについてネットで調べていたら、

日本で、外資系企業で実務経験があったから面接をしてもらえ、就職できました。

という人がいらっしゃいました。それがなかったら面接してもらえてなかった、とも。

これを考えると、いったん社会人経験を積んでから大学院に進むのもありですね。

実際に私のアメリカ人のクラスメイトは社会人経験があって、なんなら子供もいる、みたいなお父さん、お母さんも結構いました。

ただ、コネでは無いとなると、やはりパワーバランスとしては雇い主>働き手というだけでなく、外国人というマイノリティさもあります。足元を見られる可能性はあるので交渉力は必須です。

では、日本での就労経験なんてないよ・・・と言う方。

以下3点を検討してみてください。

CPTを利用する

日本での就労経験がない方は、在学中にCPTで勤務することも検討するといいと思います。

CPT(Curricular Practical Training)とは、簡単に言うと、OPTを在学中に取得するバージョンです。

ただし、フルタイムで12ヶ月以上行うと、OPT取得ができなくなるのでご注意ください。

CPTについては私も取得したことがなく詳しくはわからないので、下記サイトを見つつ、ご自分の学校にお問い合わせください!

CPTについて詳細はこちら(アメリカ政府サイト)

有給アシスタントをする

OPTで就きたい職業に関係していないとあまり意味がないかもしれませんが、お金をもらってアシスタントをすることも立派な就労経験になると思います。

いわゆる、TA(Teaching Assistant)やRA(Research Assistant)というやつですね。学校やポジションによって多少呼び方は異なります。

私は学部生にスピーチのやり方を教える先生の仕事をしていましたが、GTA(Graduate Teaching Associate)という名前でした。

個人事業主の経験をアピールする

こちらもOPTで就きたい職業に関係している必要があるのと、ジャストアイディアなのですが、もしブログやアフィリエイトなどで収入を得ているのであれば経験としてアピールできるかもしれません。

例えば就きたい職業がウェブライターや広報部門であれば、ブログで収入を得ているということは立派な就労経験になりますよね。

もはやこじつけで経験をアピールする

上記3つ全てが難しいと言う方へ。

例えば心理学専攻なら学校内の掲示板で悩みを聞いて欲しい人を募って悩みを聞いてあげる、など、クリエイティブに考えて就活の際に経験と(こじつけでも)言えるものを作っておくといいと思います。

アメリカって、結構そう言うアピールは聞いてくれるイメージがあります。

それは、日本よりも、肩書きや資格の有無という観点だけでなく「実力があるなら認める」というマインドがあるからです。

やらないよりはやったほうがいいので、何か考えてみましょう。

この場合は、数値として表せるようにしておくといいと思います。

例えば、週に2回、悩みを聞いてあげて解決までサポートすることを2年続けています、など。

珊瑚
珊瑚

就きたい職業に関係のある経験が大前提ですよ。

アメリカの大学の掲示板にはこんな感じで下にメールアドレスやURLが書いてあり
ちぎって持っていけるようになっています。このモンスターボールは謎ですが・・・
(実際に私の通っていた大学で見つけて面白かったので撮りました)

ボストンキャリアフォーラム

留学やアメリカでの就職に興味がある方はすでにご存知だと思いますが、DISCOという会社がやっているボストンのキャリアフォーラム(通称ボスキャリ)が有名です。

このフォーラムの魅力は、その場で面接をしてもらえ、2〜3回程度の面接で内定がもらえるということです。

私の日本の大学の教授曰く、複数の会社から内定をもらった人が複数に「行きます!」と回答してあとからドタキャンしないように、企業がレセプションパーティーを同じ日時にして一箇所にしかいけないようにしたいたとか・・・!?

エントリーせずともその場で説明会参加や面接をしてもらえるのですが、人気の企業はすぐに枠が埋まってしまうと聞いていたので、私は、事前にレジュメや志望理由などをネットで送りエントリーしていました。

珊瑚
珊瑚

花◯から面接を確約してもらっていましたが、学会と重なり残念ながら参加することはできませんでした。

残念ながらボストンのフォーラムには参加できませんでしたが、帰国してすぐに東京でキャリアフォーラムがあったのでそちらに参加しました。

たくさんの企業がブースを出典しており、お話することができたり、時間になると会社説明会が行われたりしていました。

また、会場で簡単なエントリーシートを書いて自分の興味のある企業に提出し、電話がかかってきたら急いで指定ブースに行き面接をしてもらう、という感じでした。

私は三菱◯機の会社説明を聞き、エレベーターを作っていると言うのをその場で知り、「エレベーターに興味があります!」と言い張って2次面接まで受かりました(笑)その日に2次面接まで終えられるので、地方から出てきていた私にとってはとてもありがたかったです。後日、テストを受けたらしっかり落ちましたが(笑)

正攻法で行ったら三菱◯機さんなんて100%書類で落とされていたと思います。でも、キャリアフォーラムというバイリンガルのみが応募できる特殊ルートから行ったからこそ面接してもらえたと思っています。

ちなみに私はこの東京のキャリアフォーラムでオートリースの会社から内定をいただきました。

なお、現在はコロナの影響でリアルブースは難しいため、バーチャルブースでの説明会開催やバーチャル面接が行われているようです。

珊瑚
珊瑚

わざわざボストンや東京に行く必要がないのでチャンスですね!

バイリンガルでないと厳しいですが、コロナで留学がキャンセルになってしまった人も参加できるとのことなので、コネも就労経験もない人はぜひ参加してみてください!

最後に

この記事ではOPTについて紹介しました。OPTには以下のような特徴があります。

  • OPTはアメリカで自分の専攻に関する仕事であれば在学中/卒業後1年間働ける制度。(例外あり。)
  • OPT取得は誰でもできるけど仕事を見つけるのが大変。
    • 企業の合同説明会がない
    • 経験がないと厳しい
    • 給与などの交渉は自分でしないといけない
    • 冷遇される可能性がある
  • 仕事を見つけてもアメリカに残れるとは限らない。
  • OPT取得すると日本で新卒扱いにならない場合がある。

また、アメリカで就職するには下記が有効。

  • 仕事はコネで見つけるのが一番。
  • 経験があればコネなしでもまだ可能性はある。
  • どちらもなければボスキャリで攻める。

以上、OPTに関するご説明でした。

人脈は一夜にしてできあがるものではないし、業界研究や自己分析にはそれなりの時間がかかるので、とにかく早めの準備開始をお勧めします。

お伝えした通り、アメリカの就活って全員が一斉にするわけではないので「空き次第」みないなところがあるんです。なので、いつ話が舞い込んでくるか予想できないんですよね。

日々準備していると、急に面接のチャンスが巡ってきてもスラスラと答えることができるはずです。

大学院の授業で忙しいとは思いますが、チャンスの神は前髪しかないと言う言葉があります。前髪を掴み損ねないように日頃から備えておきましょう!

私はというと、急に博士課程進学からアメリカでの就職、そしてやっぱり日本での就職と、短期間の間にキャリアチェンジをしました。

その当時は大学院の授業もあれば、先生の仕事もあり、卒業試験へ向けた勉強もあったので本当にいっぱいいっぱいで、就職活動が思う存分できず。

どういった業界がいい、などと調べることもできておらず、かつ、当初はアメリカからの就活だったので合同説明会には行けず、キャリアフォーラムや、マイナビやリクナビなどのネットだけが頼りでした。

珊瑚
珊瑚

初任給はどこも大体同じなので、深く考えずに就職しましたが、その後の給与の上がり幅の違いに愕然としました。業界選び、大事だったなと今はとても後悔しています。

そんな中、最近は就活塾というサービスが増えてきています。そういった、プロに頼るというのも手です。

私のお勧めはSPARK CAREERという会社のサービス。

代表の寺尾さんは、大手金融業界にずっといらっしゃって、現在は外資系にお勤めでNYにお住まいなので、アメリカの事情もよくご存知です。

コーチングの金額は初任給の手取り程度と学生にとっては高額ですが、正直入社してすぐの6月のボーナスでペイできると思います。

珊瑚
珊瑚

私は今クライアントが金融なのですが、本当に金融業界に入っておけばよかったな、と思います。

上場企業に内定が決まらなければ全額返金いただけるとのことなので、ぜひ一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

↓のバナーからサイトに飛べます。

以上、とても長くなってしまいましたが、あなたには私と同じ思いをして欲しくない・・・という思いでこの記事を書きました。

全て思い通りというわけにはいかないと思いますが、この記事が参考になり、あなたがいい方向に進めたらとても嬉しいです!

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました